生活は苦しいけれど、楽しみを見つけたよ!

 私は6年前に主人を癌で亡くしました。今は、遺族年金とコンビニのパート週3日で何とかやりくりしています。主人が生きている時は、お金が無いという感覚はあまりなかったですが、今は、何とかやりくりして、1か月過ごさなければと頭のどこかいつもお金のことを考えている自分がいます。

普通にマンションの共益を払い、光熱費、通信費、保険料などの経費だけで、遺族年金のほとんどを使ってしまう現実は、とても厳しいです。でも、これも、どうしようもないことなのです。

私は、4月から、公民館のフィットネス教室に週2回通い始めました。月会費は2000円ですが、新しい友人もでき、楽しみができました。やはり、楽しいことを見つけていかなければ、人生損したような気持になります。

今は、生活にはりができたように感じています。気持ちが明るくなって、少し、元気を取り戻したような気がしています。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。