人生で1番最悪だった年末について

新年を気分よく迎えるためにも年末に嫌なことは起きて欲しくないものですが、残念ながら上手くいかないこともあります。



私自身も何度か年末に嫌なことがあった経験があるのですが、今回はその中でも特に最悪だと感じた年末について書きたいと思います。



当時は24歳で12月28日頃だったのですが、年末に向けて大掃除をやっている最中で押入れの掃除をしていました。



結構汚れていたので時間が掛かりましたがそうじも無事に終わり、やったと思って立ち上がったら頭をぶつけてしまいました。



痛っ!と思って瞼の辺りを触ってみると手に血がついていてかなりビックリしてしまいました。



瞼というか眉毛の辺りだったのですが、頭ということもあって傷は大したことないのにそこそこ出血してしまいました気持ち悪くなりました。



最悪だなと思いつつもその日は他に何も無かったのですが翌日に財布を落としてしまい、大晦日にはスマートフォンが壊れるなど今振り返っても人生で1番最悪な年末でした。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。