立て続けに壊れてしまったお守りチャーム

小さい頃から、お守りとして神社仏閣で売られている(と表記してはいけないのでしょうか…授けていただくものなので)、小さな鈴つきのキーホルダーやチャームが大好きです。



和風のものがほとんどで、さりげなくかわいらしいデザインが好きなのですが、家族や友人などにもらい続けてけっこうな数のコレクションになってしまいました。



しまいこむのではなく、バッグやポーチなど色々なものにつけて実際に使用しています。ところが、ある時期こういったお守りチャームが立て続けに壊れてしまったことがあり、不安になりました。



年配の親族から「あなたの身代わりになって、悪いことから守ってくれたのよ。丁寧にお礼をして、お札置き場に納めてらっしゃい。」と言われました。



こういったものが壊れると不吉な感じがするのですが、逆に「事なきを得てラッキーだった」と考えた方がよろしいようです。言われたとおりにお納めしました。見えないけれど、色々なものに自分は守られているのかもしれないな、と思った一件でした。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。